相続問題や遺産問題、過払い請求など信頼できる弁護士に依頼すれば、解決の糸口が見えてきます。

頼りになる弁護士に出会う!交通事故慰謝料、相続、過払い請求相談等。奈良、大阪、京都

過払い請求を依頼

最近耳にすることも多くなった過払い請求を弁護士へ依頼することが可能です。
法律で定められた以上に利息を請求されていた分を返還してもらう請求権利のことですが、相手が金融業者ということもあり、トラブルになるケースもあります。

こういった、法的な知識が必要かつ、交渉が必要なものは個人でも請求が可能ですが、弁護士などに依頼する方が、交渉がスムーズに進みます。

弁護士に依頼した場合は、戻ってきた金額の約20%~30%が報酬となりますが、弁護士事務所により、支払方法や、内容は違いますので、事前に問い合わせが必要です。

過払いは利息の払い過ぎによって生じる

過払いとは、利息の払い過ぎによって多く返済したお金のことです。かつては、消費者金融はグレーゾーン金利で融資をしていましたが、判例で否定されて法律が改正されました。

そして、すでにこのグレーゾーン金利を基にして計算された金利を払ってきた人は、上限金利を超える分は無効となるため、無効な分は元本に充当されるのが本筋ですから、計算をし直すと払いすぎていたということになります。

業者は給付を保持する正当な権限がないことになるため、過払いは不当利得返還請求の主張で返してもらうことができます。ただ、現在は法律が変わっているため、これからこの問題は生じません。

借り入れの過払い利息は返してもらうべき

消費者金融などから借り入れしている場合、利息の過払い金が発生していることがよくあります。過払い金は、本来支払わなくてもいいものですから、請求して返してもらうべきです。

しかし、債務者が消費者金融に直接かけあって返還交渉を試みても、普通は相手にされない場合が多いです。そんな時は、弁護士や司法書士などの専門家にお願いして、過払い金の返還請求を行うといいです。

弁護士などが出てこれば業者側も話し合いに応じざるをえず、交渉が可能になります。弁護士に相談すれば、どれくらい利息を払い過ぎているのかなどもスグに計算して算出できます。