相続問題や遺産問題、過払い請求など信頼できる弁護士に依頼すれば、解決の糸口が見えてきます。

頼りになる弁護士に出会う!交通事故慰謝料、相続、過払い請求相談等。奈良、大阪、京都

弁護士を通してモラハラ離婚

きつい言葉を発している本人は自覚がない事が多いですが、モラハラ離婚の際には、その件で相手と話をする必要があります。しかし、その際にも自分の言い分を聞いてくれないという事もあると思います。

もし、そうなら弁護士を通してモラハラ離婚を実現する様にしてはどうでしょうか。やはり、相手の事は聞かないけれど、弁護士からモラハラ離婚について話があるとやはり少しは耳を傾けるという人もいるかと思います。

モラハラ離婚の話合いは、被害を受けている人の立場が強くない事もたびたびある様です。モラハラ離婚の話合いは、今後の生活の事もありますので、不利な立場にならない様な状態で話を行う様にするといいでしょう。

夫婦間で発生するモラハラ離婚とは

浮気や金銭関係などが原因で夫婦間でトラブルが発生し、離婚に至ることが度々見られます。最近ではパートナーの精神的な暴力や嫌がらせによるモラハラ離婚も増えており、弁護士などの相談も増加してます。

加害者は周囲に理解されにくい自分でも気付きづらい、巧妙な精神的暴力をパートナーに押し付けるため被害者はそれらを回避、解消することが難しいです。上手く離婚を成立させるためには日記や音声録音などの証拠を残したり、話し合いには第三者を仲介して冷静な判断ができる状態を作ることが大切です。同時に離婚後の金銭不足にならないように蓄えを持ったり、夫あるいは妻と出会わないように連絡先の変更も心がけるようにしましょう。

我慢しないでモラハラ離婚を検討しよう

モラハラは言葉の暴力といわれる通り、我慢の度を越えると精神的苦痛を伴います。モラハラ離婚の場合、モラハラが、離婚原因の1つである「婚姻を継続し難い重大な事由」といえるかどうか、が争点となります。

裁判に勝つためには、証拠が必要になります。相手から受けた言葉や態度による暴力が、モラハラにあたるかどうかの判断や、その証拠の収集は素人では難しいものです。裁判したはいいけど、証拠不足で敗訴となれば、今後の生活は推して知るべしです。

そこで、離婚を決意したなら、弁護士に相談して、モラハラ離婚に向けての準備を進めておくとよいでしょう。早めの対策が、早期決着へとつながるでしょう。