相続問題や遺産問題、過払い請求など信頼できる弁護士に依頼すれば、解決の糸口が見えてきます。

頼りになる弁護士に出会う!交通事故慰謝料、相続、過払い請求相談等。奈良、大阪、京都

調停や裁判について相続手続き等の相談

家族との話し合いだけで相続の分割ができない時には法律家による相続相談を受けて、次に調停や裁判をしないといけないという事が考えられます。調停や裁判になる可能性がある場合には弁護士による相続相談を受けるのがいいかと思われます。

家族で口を聞く事ができない状態になってからではなくて、早めに調停や裁判について相続相談を利用する事でその様な最悪の事態を回避する事ができればいいですね。

相続手続き等の相談についてハードルは高く感じられるかもしれませんが、自分達のこれからの事について考えると、ぜひ相続手続き等の相談を済ませておく様にしたいですね。いつまでも仲のいい家族でいる事ができれば理想的ですね。

相続手続きで預金口座が凍結される

人が亡くなった際の相続手続きで困る事と言えば、被相続人の預金口座が凍結されることです。 死亡届などを提出した場合、被相続人の預金は相続財産となります。もし、その相続財産を家族が自由に引き出せると、相続人の権利が侵害されてしまいますので、相続手続きが終わるまでの間、預金口座は全く利用できなくなります。

預金が凍結された場合、入金はもちろん、家賃や水道光熱費なども引き落としができなくなりますので、生活に関わる費用の引き落としについては他の口座へ変更しなければなりません。

また、解除するためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人の戸籍謄本や印鑑証明書などを添えて、金融機関に届け出る必要があります。

相続が発生したとき銀行でおこなうこと

亡くなった親族の財産を相続する際には、銀行での手続きが必要になります。金融機関では、残された家族から申告を受けたときはもちろん、新聞や葬式の看板などから死亡の事実を把握すると、すぐに口座を凍結します。

一旦凍結されると、相続届が提出されるまで預貯金を引き出すことはできません。葬式代だけでも出金したいところですが、できないという金融機関がほとんどです。万が一のときのために、葬式代などすぐに必要になるお金は他の家族の口座で管理しておくとよいでしょう。また、相続に必要な書類などもあわせて確認しておくと安心です。