相続問題や遺産問題、過払い請求など信頼できる弁護士に依頼すれば、解決の糸口が見えてきます。

頼りになる弁護士に出会う!交通事故慰謝料、相続、過払い請求相談等。奈良、大阪、京都

依頼する過払い請求

過払い請求は、自力でやる事も十分に可能です。可能なのですが、金利は覚えておく必要があります。

最低限必要な知識は、やはり金利18%という数字です。この数字を暗記していれば、かなり正確に過払いか否かを判断する事が可能となります。例えば、あなたがどこかの消費者金融からお金を借りたとします。その時の金利が35%だったとします。

この場合は、明らかに高金利ですので誰が考えても過払いが発生している可能性が非常に高いという事になります。

次に、金利19%です。この場合も、やはり払いすぎの可能性が高いですね。前述のように、とにかく18%を超えているか否かが重要なのです。1%でも超えているのなら、やはり払いすぎている可能性が高いという事になります。

それでは16%の金利はどうなのでしょうか。さすがに16%は、発生しない可能性が有ります。ただし18%を超えているからと言って確実に過払い金が発生するという意味にはなりませんので注意が必要となります。

なぜなら、ある程度の期間が経過していないと払いすぎか否かも判定が難しい一面が有るのです。キャッシングをしてせいぜい1ヶ月も経過していないという状況では、なんとも言えない事も有りますので気を付けたいものです。

過払い金は初心者でも大丈夫です

ここ5年くらいよく耳にするキーワードに、過払いというのがあります。 過払いというのは、法律で貸金に際する利息が改正されたために、以前に支払いをした利息との差額を返金してもらうことです。

しかし、初心者なら該当しているのかどうかわからないままです。 完済をしている場合なら、尚更自分には関係ないと思いがちです。 相談は、弁護士事務所で無料でしています。

仮に自分が、該当しないとしても費用は一切不要です。 相談をした結果、100万円くらい戻る人も実はたくさん存在しています。 過払いには、時効があるので早めに相談するのがおすすめです。

過払いを得意とする法律事務所を活用しよう

過払い請求を、貸金業者に対して行うならば、過払いを得意とする法律事務所に依頼するのが確実です。これまでのノウハウや実績があるため、きちんと最後まで責任をもってやってもらうことができますし、確実に返還してもらえます。

また、こういった事務所は、着手金なしでも仕事をしてもらうことができます。その理由は、返還されたお金から報酬を受け取ることで応じてもらえるからです。その分、成功報酬として取られる金銭は大きくなる傾向にありますが、最初にお金を用意できない場合でも業者に対して過払い金の返還を請求できるメリットがあります。