相続問題や遺産問題、過払い請求など信頼できる弁護士に依頼すれば、解決の糸口が見えてきます。

頼りになる弁護士に出会う!交通事故慰謝料、相続、過払い請求相談等。奈良、大阪、京都

モラハラ離婚での面会交流は認められにくい?

言葉などによる精神的な虐待が原因でのモラハラ離婚では、その後の子供との面会交流が認められないケースがあります。母親が子供を育てており、父親と会うことで、母親と子供の関係に悪い影響を与える可能性がある場合などです。

具体的には、母親の悪口を子供に言って、子供に母親を嫌わせようと洗脳する可能性があります。子供が母親を嫌いになるかならないかに関わらず、子供は精神的な負担を感じてしまいます。

面会交流権は別居している親に認められる当然の権利ですが、モラハラ離婚のケースでは、認められないこともあります。子供の権利のほうが優先されるべきなのです。